大阪市立旭陽中学校    

    第17代校長 進藤 文代 

      同窓会に寄せて

 

こんにちは。中西 洋校長先生の後任として、平成28年4月より、旭陽中学校校長に着任いたしました進藤文代でございます。

昨年度まで教頭として3年間本校につとめさせていただきました。また、新たなスタートを旭陽中学校で子どもたち、保護者のみなさま、地域のみなさまと共に学校づくりを進められることを大変うれしく思っています。

春は桜、初夏には新緑、秋には紅葉と季節ごとに移り替わる自然に囲まれた環境、正門をくぐれば中庭には芝生。そして、元気アップボランティアの方が季節ごとに入れ替えてくださる花が華やかに子どもたちを迎えてくれます。

清掃が行き届いた教室には、ICT機器が整備され子どもたちは恵まれた学習環境のなかで、毎日学習しています。本年度の学校経営方針は「人権尊重の教育を基盤とし、豊かな人権感覚と自己実現の力をはぐくむ教育活動を推進する」です。この目標を達成するために、先進的研究校(継続してICT機器を活用した授業の実践と研究)に取り組みます。また、学校だけでなく地域、保護者のみなさま、区役所とチーム学校として学校経営を行い、子どもたちの未来を切り拓く力と、豊かな心の育成に取り組みます。教職員一同、子どもたちの笑顔のために、力を合わせて頑張りますのでよろしくお願いいたします。

 最後になりましたが、同窓会のみなさまにおかれましては、平素より旭陽中学校の教育活動にご支援を賜り心よりお礼申しあげます。「20歳のつどい」をはじめ、これからも旭陽中の生徒に寄り添い、その成長を見守っていただきますようお願いいたします。


大阪市立旭陽中学校の歴代校長